子供の多動性障害を改善してくれるADHDサプリを紹介しています!

 

子供の多動性障害で悩んでいるママへ。おすすめのADHDサプリとは?

子供の多動性障害は発達障害の一つです。

 

多動性障害は英語でAttention-Deficit/Hyperactivity Disorderなので、
略してADHDと呼ばれています。

 

子供の多動性障害

 

ADHD(多動性障害)を持っているかどうかは、子供が小さい頃は気がつかない家庭が多いです。
小さな頃は他の子供と特に比べる時はありませんし、
子供が特に落ち着いて座っていなければならない時もありません。

 

しかし、子供が幼稚園に行ったり保育園に行ったりするとADHD(多動性障害)を持っている子は
他の子との違いが出てくるようになります。

 

子供の多動性障害

 

子供が先生のお話を聞くために教室の中で座っていなければならないとき、
他の子は座っていられるのに多動障害を持っている子供は座っていられないのです。

 

これまで気が付かなかった子供の落ち着きの無さに初めて気がついて
がっかりするご両親もいらっしゃるでしょう。
特に何の問題もないと思っていたのに、子供を調べてもらってADHDだという診断が出たらがっかりです。

 

ADHDを持っているからと行って学習に大きな問題があるわけではありません。
知能遅れの状態とは違いますから、子供が学校の勉強に全くついていけない、
というのにはなりません。

 

けれども、多動性障害の問題は周りにはわかりにくいため、
学校の先生などからは「やる気がない」または「授業をさぼってふざけている」と思われがちです。

 

子供の多動性障害で悩む

 

ADHDの症状が出てしまっていて落ち着いて座ってはいられないのに
授業をサボって子供が遊んでいるだけだとみなされてしまい、
子供は先生に叱られるだけですし、親も注意を受けるだけです。

 

いつも学校や幼稚園で面談のたびに「お子さんの落ち着きがない!」と
叱られてばかりいれば親は嫌になってしまいますし、子供たちも先生に叱られてばかりいれば嫌になってしまいます。

 

先生の中にはADHD(多動性障害)の子供の対処法についてよくわかっている方もいらっしゃいますが、
子供をいつも叱ってばかりでは、子どもが学校に行きたくなくなって登校拒否にもなりかねません。

 

子供の多動性障害

もう一つ、多動性障害を持っている子供に心配されるのは、友達ができにくい場合です。

落ち着きがない子供は一緒にいてもうまく遊ぶのが難しいためになかなか友達をつくれません。
学校や幼稚園、保育園の場は親と離れて先生や友達と長い時間過ごしますから、
友達をつくるのは非常に大事です。
多動性障害の症状のために友だちが出来ないというのは、子供にとってもそして親にとってもつらい話です。

 

ADHD(多動性障害)の症状をなんとかしたいという方におすすめしたいものがサプリです。
子供のADHDの症状は病院で薬を処方してもらって抑えることも出来ますが、
出来たら薬ではなくサプリで整えたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

ADHDサプリはいくつか発売されていますが、その中で効果が高いと評判が高いものがコドミンです。
コドミン

 

コドミンの中にはホルファチジルセリンという神経を落ち着かせて
子供の多動性障害の症状を和らげる成分がたっぷりはいっていますので、
飲み続けていればADHDの症状が出にくくなります。

 

症状が出なければ授業中でも落ち着けますから、
そのうち友達も出来るようになります。

 

仲の良い子供

 

多動性障害を持っている子供で多才な人は多いと言われています。
うまく才能を伸ばすのができればよいのですが、落ち着きがないという部分が表に出ているために、
才能を発揮する場を与えてもらえなかったり、友だちができない子供は多いです。

 

多動性障害を持っている子供たちが幸せな未来をつかむようにするためには、
まずはコドミンを毎日飲んでもらいましょう。ラムネ味のコドミンならば、子供も嫌がらずに飲んでくれますよ。

 

 

子供の多動性障害サプリの成分で効果が高いのはDHAやイチョウ葉?

子供の多動性障害サプリの成分の中で、効果が高いとされているものはどんなものでしょう?
子供に多動性障害の症状が出ているけれど、
病院で薬を飲ませるのではなくできればサプリで効果のあるものを探したいという方もいらっしゃるでしょう。

病院に通い続けるのにはなんとなく抵抗があり、サプリで効果があればうれしいですよね。

 

仲の良い親子

 

子供の多動性障害に効果のあるサプリはドラッグストアなどでも見かけます。

色々なサプリがありますから、どのサプリを選んだらよいか迷ってしまいますが、
そんなときはそれぞれサプリに入っている成分を調べてみてください。

 

 

DHA

子供の多動性障害に効果があるとされている成分の一つがDHAです。
魚を食べると吸収出来る魚油のDHAですが、普段の生活の中で魚を食べられるだけでは、
多動性障害に効果があるほどの量を吸収出来ませんから、
DHAはサプリで補充するのが効果的です。

 

DHAサプリ

 

DHAには人の記憶力を高める、集中力を高める、そしてリラックスさせるという効果があります。

多動性障害の子供たちは、集中力がなく、イライラして落ち着きがないという性質がありますが、
DHAを積極的に摂取すれば神経を落ち着かせて多動性障害の症状が出にくくなります。

 

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスは記憶力などに働きかける成分ではなく、血液の循環を良くする成分です。
血液の流れが良くなるだけで多動性障害に効果があるの?と思う方もいらっしゃるでしょうが、
血液の循環が良くなれば脳への血流もスムーズですから、
脳の回転がよくなり、頭の中がスッキリして多動性障害の症状が出にくくなります。

 

仲の良い子供達

 

 

ホスファチジルセリン

さらにもう一つ、最近使われるようになった多動性障害に効果が高い成分がホスファチジルセリンです。
聞き覚えのない単語だと思いますが、ホスファチジルセリンは大豆の中に含まれている成分ですから、
体に優しいので安心して下さい。

 

ホスファチジルセリンは脳の硬さを取ってくれます。
そのおかげで血液の循環が良くなり、しかもホスファチジルセリンには
DHAのように子供を落ち着かせて集中力をつける効果もありますから、
多動性障害の方にこそ、摂取していただきたい成分です。

 

ホスファチジルセリンが入ったサプリには何がある?という方におすすめしたいものがコドミンです。
子供が飲みやすいようにラムネ味にしたコドミンの中には、
多動性障害に効果的なホスファチジルセリンがたっぷり入っています。

 

ホスファチジルセリン

 

子供に毎日飲み続けてもらったら、徐々に多動性障害に効果が現れて、
子供たちも先生に怒られる場合も無く、友達もたくさんできて楽しい生活が送れるようになりますよ。

 

 

 

子供の多動性障害の原因と【特徴・症状・チェック方法】

子供の多動性障害の原因にはどんなものがあるのでしょうか?また、特徴や症状、チェック方法には
どんなものがあるのでしょうか?

 

子供は落ち着きが無いものだと思っていたら、
自分の子供はもしかしたら他の子供とはどこか違う?
もしかしたらうちの子供は多動性障害かもしれない、と心配しているお母さんもいらっしゃるでしょう。

 

子供が心配な親

 

多動性障害にはどのような特徴があって、どのような症状が出るのか、
多動性障害とわかるチェック方法は?
そして多動性障害になってしまった原因について考えました。

 

多動性障害の主な症状は、注意力が散漫、落ち着いて座っていられない、
そして衝動的な言動に出るです。

 

注意力が散漫で忘れ物が多かったり、集中力がなくて一つの物事が長続きしない、
というタイプは女の子に出やすい多動性障害の症状です。
また、落ち着きがなくて座っていられない、または衝動的な行動に出てしまって
友達に手を上げてしまうなどの症状は男の子に出やすいです。

 

子供の多動性障害

 

多動性障害の症状の中でも、注意力が散漫という部分は大人になってから目立つ場合が多く、
落ち着きがなかったり衝動的な行動に出るという部分は大人になるに連れておさまる場合が多いです。

 

子どもが多動性障害かどうか気になるという方は、以下の項目に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

・話しかけられているのに人の話を聞けない
・指示を受けても最後までやり遂げるのができない
・大事なものをすぐになくしてしまう
・教室に座っていられずすぐに席を離れてしまう
・落ち着いて遊ぶのができない
・順番が待てず、他人を遮って話そうとする

 

これらの項目の中でチェックした数が多いようであれば多動性障害を疑って、
まずは支援センターなどで相談するとよいでしょう。

 

多動性障害の原因は脳の機能にあります。
多動性障害の子どもは自分をコントロールする機能を持つ前頭前野に十分な血液が流れません。
脳の神経細胞をつなぎ合わせる神経伝達物質の動きが弱いのも多動性障害の原因です。

 

脳内ホルモンであるドーパミンやノルアドレナリンがうまく働かないのが原因で、
多動性障害の症状が現れる場合は多いようです。

 

子供の多動性障害

 

 

多動性障害の子供への接し方や対応

多動性障害の子供への接し方はどうすれば良いのでしょうか?上手な対応方法とは?

 

子供が多動性障害を持っているとわかったとき、
子供たちと毎日接しなければならないお母さんは特にどのようにこれから接していったら良いのか、
接し方や対応について悩みます。

 

子供をしかる親

 

子供たちを怒らせてしまっては多動性障害の症状が強く出てしまうだけですから
多動性障害の子供とどう付き合っていったら良いのか、接し方や対応についてお話します。

 

多動性障害の子供は指示を受けた物事を頭のなかで整理するのが苦手です。
学校の宿題をやってほしいのにやろうとしなかったり、
突然騒いだりどこかに行こうとされてしまいますと、
親としてもイライラして一度に文句を言ってしまいたくなりますが、ここは我慢してください。

 

多動性障害の子供でも、一つ一つ丁寧に具体的に指示を出せば伝わります。
起こるだけでなく、具体的に何がだめで、どうしなければいけないのか、説明しましょう。

 

子供は親から褒めてもらったりご褒美をもらうのが大好きです。
多動性障害の子供を持っていると、対応するときは怒るのばかりで
褒めるのを忘れてしまっているお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

子供を褒める親

 

でも、子供は褒められれるとうれしいですから、もっと頑張ってくれるようになります。
出来ていない状態ばかりを責めるのではなく、ちゃんとできた結果があったり、
良い行動があったりしたら、すぐに褒めてあげてください。

 

子供たちも褒められた経験で自信をつけて、もっと頑張ってくれるようになります。
何か小さな目標を作って、その目標を達成したらご褒美を与えるのも効果的です。

 

特に大きなご褒美を用意する必要はありません。
シールをためていっていっぱいになったら、何かのプレゼントを用意するなど、
子供たちに目標を作ってあげてください。

 

子供を褒める親

 

多動性障害の子供は周りから理解されない場合が多いです。
そのつもりはないのに、接し方がわからず他の友だちと衝突したり、
先生に叱られたりして、落ち込んでしまう子供も多いです。

 

まずは親が多動性障害についてきちんと理解してあげて、
そして周りの人にも多動性障害への対応や接し方について理解してもらえるよう、
働きかけてください。

環境を整えてあげるのが多動性障害の子供にとっての幸せですよ。

 

 

子供の多動性障害に漢方薬や薬・サプリってあるの?

子供の多動性障害に効果の高い、漢方薬やサプリメント、薬などはあるのでしょうか?

 

子供の多動性障害の症状を抑えるためには何が出来るのか、
これから子供たちが幸せに暮らすために親はできるだけ助けてあげたいですよね。
子供の多動性障害の症状を抑える漢方薬や薬、サプリにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

病院で多動性障害であると診断されると処方される薬には以下のものがあります。

・ストラテラ
・コンサータ

 

ストラテラは衝動を抑えることが出来る効果が高い薬です。
ストラテラを飲み始めて効果が現れるまでには約1ヶ月程かかり、
一日一回飲めば24時間効果を持続させることができます。

 

笑顔な子供

 

コンサータは中枢神経を刺激することでドーパミンやノルアドレナリンを抑えます。
ストラテラよりも効果が出るまでの時間は早く飲んで2時間で効果が現れる方も多いですが、
効果は12時間ほどしか続きません。

 

ADHDの薬は長く飲むものだから漢方薬を選びたいという方もいらっしゃいます。
漢方薬にはいくつか多動性障害に効果的なものがありますが、

衝動を抑える効果がある柴胡、集中力を上げる高麗人参、
神経を落ち着かせるオウゴン、体をリラックスさせるタイソウなどを使う方は多いです。

 

多動性障害に効果的なサプリもいくつかあります。
魚脂のDHA、イチョウ葉エキス、大豆からとったホスファチジルセリンが入ったサプリが売り出されています。

 

DHAサプリ

 

病院で処方される薬は効果が現れるまでの時間は短いですし、
効果がはっきりと出る可能性は高いです。
しかし、一つ問題があるのが副作用です。

 

実際に多動性障害の薬を飲んで食欲がなくなったり頭痛や
寝付きが悪くなる
などの副作用が現れる方は多いです。

 

毎日飲み続けるものですから、子供の健康を守るためにも
副作用が現れる薬には抵抗を感じます。

 

漢方薬の場合は薬ほど副作用が強く出ることは少ないですが、
子供が飲む場合、漢方薬に慣れていないために嫌がられることは多いです。

 

長く続けることに意味がありますから、
子供が嫌がる漢方薬を無理やり飲ますことには抵抗があります。

 

嫌がる子供

 

そう考えますと最もおすすめなものはサプリです。

 

薬ほど強い成分が入っていませんから体に優しく副作用もありませんし、
味も工夫してあって子供に飲みやすくしてあるものもありますから、嫌がらずに飲んでもらえますよ。

 

 

子供の多動性障害を改善!ADHDサプリメン

子供の多動性障害を改善してくれる!ADHDサプリメントでおすすめなものとは?

 

自分の子供だけを見ていたときは気づかなかったけれど、
他の子供と比べてみたときに自分の子は落ち着きがないのでは?
と気づいて悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
またはいつも先生に「お子さんは落ち着きがありませんね」と言われて
落ち込んでいる方はいらっしゃいませんか?もしかしたら、子供は多動性障害かもしれません。

 

嫌がる子供

 

子供が多動性障害かも?と思ったら調べてもらうことが一番ですが、
調べてもらう前に多動性障害の症状がないか、家でもチェックしておきたいですよね。

 

人の話を最後まで聞くことができない、言われたことをやり遂げられない、
落ち着いて座っていられない、順番が待っていられない、

こんな症状があったら、もしかしたら子供は多動性障害かもしれません。
当てはまるものがあるという方は、一度調べてもらいましょう。

 

多動性障害は脳に十分な血液が流れていない、
または脳に情報を伝える神経伝達物質の動きが弱いなどの原因があります。

 

多動性障害の子供は、脳の中の情報がうまく整理しきれていない場合が多いです。

多動性障害の治療としては、病院で薬が処方されることもありますし、
病院ではなくても市販のサプリなどを利用する方法があります。

 

サプリを飲む子供

 

薬を飲みますと脳への血液の流れが良くなり、
頭の中が整理しやすくなって多動性障害の症状を抑えることが出来るのですが、
強い薬ですと特に副作用が出てしまうことが多いです。

 

副作用のために頭痛がひどくなったり、
気持ち悪くなって食欲がなくなる子供もいらっしゃいますから、
症状が抑えられたとしても副作用が心配で薬はあまり飲ませたくない、
と考える方もいらっしゃいます。

 

多動性障害の症状を抑えるものとしてサプリメントADHDの存在があります。
サプリであれば薬ではありませんから、体調が良くなくなるなどの副作用は出にくいですから
安心して飲み続けることができます。

 

笑顔な子供

 

多動性障害の症状を改善するためには、毎日サプリを飲み続けることが必要です。
病院で処方される薬以外に漢方薬で症状を改善するという方法もあるのですが、
漢方薬は苦味が強いものなどが多いですから、
子供が嫌がって飲まなくなってしまう心配もあります。

 

しかし、サプリならば味も工夫がしてあって
小さな子供でも飲みやすいように作られているものもありますから、
嫌がらずに毎日飲むことで子供の多動性障害はだいぶ改善されますよ。

 

多動性障害を持っていても能力に問題があるわけではなく、
大成した人が何人もいます。

 

子供たちが多動性障害を持っていても楽しく学校生活を贈ることが出来る助けになるために、
症状を改善させるサプリはおすすめです。

 

笑顔な子供